激安なプリンターインク購入サイト6選

HOME > プリンターのインクについて > プリンター印刷は用途に合わせて選ぼう

プリンター印刷は用途に合わせて選ぼう

インターネットの普及により、最近では自宅にパソコンを所有している家庭は増えてきました。パソコン自体の機能も色々増えてきたので、素人であっても手軽にアルバムなどを作る人も多くいます。また年賀状なども自宅のプリンターを利用して、自分で作成したデザインを印刷することもできますよね。実際に印刷するときに悩むのが、使用するインクの種類になります。販売されているインクにはいくつか種類があり、実際どれを利用したら一番よいのかわからないことも多いですよね。そのためインクの種類毎の特徴をしっかり確認したうえで、用途に合わせて選ぶようにするのが体セtうになります。選ぶことが出来るのは3種類あり、まず1つめは染料インクになります。染料タイプは色調や発色がとても繊細でデザインなどの色の再現度が高い特徴があります。

染料タイプを利用する場合は写真印刷などに向いているタイプになります。そのため普段印刷する種類として写真が多い人には、おすすめなインクの種類ですよ。2つ目の種類として顔料タイプがあります。特徴としては色がくっきりと出て、色も早い段階で安定します。そのためにじみが少ないにも顔料タイプの特徴の1つです。またがインク自体が耐水性や耐光性も高いです。ただし染料タイプに比べて細かい色合いを表現するのは難しいので、使用する場合は文字や書類などを印刷する際に適しているタイプになります。そのため企業などのプリンターで使われているのは顔料タイプが多いですよ。その他の種類として、最上位顔料インクと呼ばれるタイプがあります。染料タイプと顔料タイプの両方の良い部分だけを合わせた特徴があります。顔料タイプにはなりますが、再現力はとても高く染料タイプと同じように立体感があります。

最上位顔料インクは写真や画像印刷だけでなく、文字や資料などでも綺麗に印刷することができます。ただし染料タイプや顔料タイプに比べてコストが割高になるので、使用する人は限られています。このようにプリンターに使用できるインクには、それぞれの特徴があります。自分が希望する印刷内容に合わせて、インクを使い分けるとより便利に活用することができます。また使用するプリンターによって多く販売されているタイプごとの種類にも、おすすめ品もあるのえ相性の良いタイプを選ぶようにするのがポイントですね。自分が使用しているプリンターとの相性などが分からない場合は、販売店のスタッフに相談すると、より相性のよいタイプを案内してもらえるので安心です。またより印刷物自体にこだわるのであれば、プリンターのメーカーなどにもこだわりをもつとより理想通りの印刷ができるようになります。

次の記事へ

TOPへ