激安なプリンターインク購入サイト6選

HOME > プリンターのインクについて > プリンターインクに使用できる染料インクの特徴

プリンターインクに使用できる染料インクの特徴

プリンターは企業だけでなく一般家庭でも使用する印刷機器であり、様々な機能が増えている事で活用する人も増えてきています。実際にプリンターを使用する場合に必要なのがインクになりますが、インクにもいくつか種類があります。顔料インクや最上位顔料インクなどがありますが、染料インクタイプがあります。染料インクの印刷方法として、紙にインクがしみ込む方法になります。そのため染料インクを使用して印刷した場合は、発色がとてもきれいでクリアで再現度が高く表現力が豊かになります。また印刷自体に光沢感が得やすいという点もありますよ。光沢感が出せる理由としては、染料が紙にインクを染み込ませて印刷するから出せる表現になります。印刷後も表面が滑らか中でなく、用紙の素材自体がもつ光沢をそのまま活かした状態で印刷ができるのが理由ですね。

そのため印刷物の内容によって、光沢感を希望する場合であれば染料インクを使用するのがおすすめですね。そのため染料インクをつかて印刷用途としては、写真や風景画像などがおすすめです。ただし注意すべきポイントとして、印刷するようし選びがあります。通常のプリンター用紙などの場合は、染料インクの場合は色がにじむことが多いです。理由として染料が紙に染み込んで色をつけるため、通常の紙では染み込みし過ぎてしまいます。そのたえめにじみとして印刷が綺麗に行えない場合が出てきます。そのため染料インクを使用する場合は、染料インク専用の用紙を利用するのがポイントになりますよ。また染料インク自体は印刷直後の色ありと、乾燥したあとの色合いに多少の違いがでる事があります。その為、印刷後に色調整を行う場合はすぐに行わず、色が乾くまである程度時間を置いておくと良いです。

印刷自体のスピードはとても早いので、色調整よりもプリントのスピードを優先する人であれば染料インクの利用で問題ないといえますよ。鮮明な写真などを印刷するのにとても最適なインクではありますが、注意点としてプリント後の保存方法があります。染料インク自体は耐久性や耐水性が弱いという点があります。そのため長い時間日の光があたる場所に置いておくと、インクが薄く飛んでしまい画像が色あせる原因になります。また水にも弱いので水分に濡れてしまうと、色がにじむ原因にもなります。長く綺麗な状態を保ちたい場合は、ラミネートをしたりアルバム帳などを活用したりと保存法応を工夫することがポイントですね。自宅で使用する場合はプリンターの種類として染料インクが使えないタイプがあるので、しっかり確認して選ぶようにすることが大切ですね。

次の記事へ

TOPへ