激安なプリンターインク購入サイト6選

HOME > プリンターのインクについて > プリンターのインクの信頼性を担保する

プリンターのインクの信頼性を担保する

パソコンが一人に1台以上普及している現代においては、職場での業務の他にも自宅でもパソコンを使用してインターネットを利用するほか、地域の回覧板なども作成されている方がいらっしゃいます。中でも年末に向けては年賀状の作成にパソコンとプリンターを駆使する季節となり、インクの消費量も増えることになります。nこのインクは、パソコンとその周辺機器を使用するに当たっては高額な消耗品となっています。そのため、最近ではプリンターメーカーの純正品ではなく、回収された使用済みカートリッジを流用してリサイクルされた格安メーカーのインクが、互換商品として家電量販店や通信販売で安価に購入されています。しかし、その様な商品の信頼性はどうなっているのでしょうか当然、プリンターメーカーは純正インクの使用を推奨しています。

先ず、メーカー純正のインクはカートリッジを交換した際にインク残量と充填された事を自動的に検知し、ディスプレイ上に表示させます。以後、インクの残量は常に管理され、残量が少なくなると自動的にユーザーに知らされ、次のインクカートリッジの準備を促します。また、プリントアウトした対象物の仕上がり具合も保証されており、目的に応じた最適な用紙を使用することによって、書類や写真も美しく間違いない品質を手に入れることができます。一方、純正ではないインクカートリッジは、交換後にも交換作業が完了したことを検知しなかったり、残量が表示されなかったりする症状が多々発生します。取り扱い説明書には、その様な場合の対象法が記載されていますが、それはあくまでそのプリンターの正規の設定状態ではないということを念頭に置いておく必要があります。

更に、メーカー純正品の使用済みカートリッジをリサイクルして利用されていた場合、インクのシール性が充分ではなく、交換後にインク漏れを起こす事があります。コレに対応するのは非常に大変な作業で、酷い場合にはプリンターそのものが使用不可能になるほどのダメージを負う事があります。また、純正インクとは成分が異なるため、混合されると化学反応を起こして固まり、インクの噴射ノズルを閉塞させる原因ともなることがあります。その場合はクリーニング作業を行うのですが、それには大量のインクを消費しますので、却って効率が悪くなる事があります。また、混合されたインクは発色も不安定になり、その分プリントアウトされたものの仕上がりも悪くなるため、特に写真では避けた方が良いです。この様に、プリンターのインクは出来るだけ信頼性が担保された、メーカー純正品を使用することをおすすめします。

次の記事へ

TOPへ