激安なプリンターインク購入サイト6選

HOME > プリンターのインクについて > プリンターのインクには種類がある

プリンターのインクには種類がある

プリンターに使うインクは大きく分けて純正インクと互換インクの2種類あります。もちろん、どちらでも型式が合っていれば使えるのですが、品質や価格に差が出ています。そのため、選ぶ基準として使う頻度やクオリティなどで選ぶことができます。まずは、純正インクは専用に作られているため、色合いもきれいに表現することができます。特に、微妙な色合いを表現することができるため、年賀状や写真などを出すのに強いです。そのため、色合いにこだわる人はこちらを選んでいます。しかも品質が高いため、多少使わない期間があってもインク詰まりをすることが少ないというメリットがあります。その点、価格帯は少し高めになっていることもあり、例えば4色パックで5000円前後で販売されていることが多いです。もちろん、無くなった色だけを選んで購入もできます。

そして、互換インクはなんといっても価格が安いというメリットがあります。先ほどの純正インクが5000円前後で販売されているのに対して、互換インクは2000円ほどで販売されていることがあります。そして、最近は色合いも純正インクに近づいていて、極端に画質にこだわる人でなければ普通に使うことできます。特に、プリントなどをカラーで大量に出したいという時に重宝します。そして、白黒プリントを主に使っているのであれば、色合いなどはあまり気になりません。そのため、個人をはじめ企業でも利用しているところが多くなっています。ちなみに、純正インクと同じようにICチップも搭載されているため、残量の計算も行われます。そして、いろいろなメーカーが販売していますが、純正品ではないの品質がバラバラです。そのため、できるだけ品質がいいものを選ぶためにも、評判を確認して選ぶと安心です。ちなみに、内容量は基本的には同じなのですが、純正インクよりも多いタイプもあります。

ちなみに、どちらのインクも使用期限があるためその期間内に使い切るようにすることが大切です。そのため、互換インクを購入するときには使用期限が長い物を選んだり、信頼できるお店から購入することが重要です。そして、互換インクと純正インクを一緒に使うということもでき、黒を互換インクでカラーを純正インクというように活用することができます。とはいっても、純正インクの場合にはトラブルがあったときに、メーカー保証期間内であれば無料修理対応が可能ですが、互換インクを使って発生した場合は対象外になります。その部分も考えて新しいプリンターであり、品質もしっかりとしたものがほしい時には純正インクを選んだほうが安心です。そして、互換インクを選ぶときには、いろいろなメーカーがあるため比較サイトなどで品質などの評判を見てみることが大切です。

次の記事へ

TOPへ