激安なプリンターインク購入サイト6選

HOME > プリンターのインクについて > プリンターで使いますインクの違いを知ってから

プリンターで使いますインクの違いを知ってから

プリンターを使用するにはインクの存在がなくては成り立ちません。そのインクは大きく分類するとプリンターのメーカーが製造した純正品とそれ以外のメーカーが製造した非純正品の2種類が存在します。この2種類のインクは家電量販店のほかにホームセンターや一部のスーパーなどでも販売されています。この2種類のインクは詳細を知らない限り、素人でも見分けられる部分は価格とパッケージのデザインくらいしかありません。価格面では純正品よりも非純正品のほうが全般的に安くできています。そのため少しでも安く買いたいを至上命題とするならば、非純正品の購入へと流れがちとなります。そして売れ行きも非純正品が圧倒するはずです。ではなぜ非純正品のほうが純正品よりもほとんど安上がりにできているのかを詳細に知っておく必要が出てきます。

この非純正品のインクが割安にできている理由の1つは、相対的に純正品のインクが高く販売されているからです。純正品のインクがかなり高い値段で販売されている理由は、プリンターの機械自体を安く販売するためとなります。プリンターの機械だけでしっかりと利益を出そうとすれば市場で販売されている価格よりも相当値上げせざるを得なくなります。そうなるとプリンター自体が今よりもさらに高額商品となり売れにくくなります。これを避けるために敢えてプリンターの機械自体はギリギリまで収益を下げて販売をし、その代わりに消耗品のインクでしっかりと利益を確保という考え方で商売をしているからです。理由の2つ目は非純正品のインクはインクのタンクやICチップなどを再利用して販売をしています。そのため何もかもが新品の純正品よりも原価を安くすることができます。

そしてインク自体の塗料もそれなりの品質で原価を抑えています。結果として販売価格も安くすることができるようになります。しかし非純正品のインクは依然として純正品のインクに比べて品質面で不安があるともいわれます。まずインク自体が純正品と比較して印刷した際の色合いが見劣りしたり、経年した際の色あせが早く進行していたりする場合があります。さらに一部ではインクが出なかったり、インク漏れが発生したりなどの事例の報告もあります。そのため非純正品のインクを使用していてプリンターの機械自体に故障が生じても自己責任で保証は受けられないことになります。そのためしっかりとした印刷品質を確保したい場合、そしてトラブルを少しでも抑えたいならば、価格は高いけど品質の高い純正品の購入が推奨されることとなります。

次の記事へ

TOPへ